シンガポール生活あれこれ


by mapleleaf1217
カレンダー

<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Happy Halloween 2

今日は幼稚園でもハロウィンの催しがあって、
娘は「魔女の宅急便」のKIKIの格好をしていきました。。
e0121993_9524926.jpg

このワンピース、
とても可愛かったのですが、
少し小さくなりました。。。
今年で着おさめかな。
娘もとても気に入っていました。

[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-31 09:53 | イベント
娘とシンガポールZOO に行ってきました。
シンガポールに住んで1年と少し。
色々な所に探検に出かけたのですが、
実は動物園には始めて足を運びました。。
e0121993_1142018.jpg
ZOO にとても詳しい方がいらして、
餌やりの時間に合わせて回ることが出来ました。
とても楽しくて、すっかり童心に返り
娘の存在を忘れてしまったほどです。

まず始めは象さんに餌やり。
e0121993_11433036.jpg

頂戴~

e0121993_11463777.jpg
娘はちょっと怖かったようです。。
象さんたちは、しばらく水辺で遊んでから仲良く連なって帰っていきました。。
e0121993_11475969.jpg
本当に可愛い象さんたちでした。。
さて、次はキリンの餌やりに行く前に、犀や鹿などを見て
白熊の餌やりをみにいきました。
e0121993_11511239.jpg
愛嬌たっぷりです。。
e0121993_1152766.jpg
シマウマの可愛いお尻を見て
e0121993_11525773.jpg
ミーアキャット!かわいい!!
e0121993_1153597.jpg

さて、キリンの餌やりです。。
e0121993_11543968.jpg

フォトジェニックですね。。
美人です。。。

e0121993_11553565.jpg
でも、象さんのように愛嬌はありません。
餌がなくなると知らんぷり(笑)
e0121993_11565990.jpg

次は、豹の餌やりを見に行きました。。
e0121993_115983.jpg
餌はどこじゃ~
e0121993_11573899.jpg

e0121993_121082.jpg
オランウータンの餌やりも見ました。
オランウータンの子供たち。。一緒に写真を撮りました。
e0121993_1213550.jpg

e0121993_1232611.jpg

ヘリコニア フラミンゴの咲く
小道を通って。。。

e0121993_1251634.jpg
案内表示にも動物の顔がついていました。。さて次は・・・
e0121993_1226646.jpg
ホワイト・タイガーです。
綺麗な動物です。。

・・・と、ここまででカメラのバッテリー切れ(涙・涙)
この後、コビトカバ、カワウソの餌やり、コモド・ドラゴンなどを観ました。
最後は象さんのショーを見て帰りました。

本当に楽しい一日でした。
e0121993_12303010.jpg
お土産。
象さんが描いた絵です。
このパフォーマンスは毎日11時から見られるのだそうです。
次回絶対見たいね・・と娘と話しました。


Singapore Zoo
(餌やりの餌は別料金で5㌦掛かります・・)
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-30 12:18 | 公共施設
午前中、「オズの魔法使い」の劇を観にいきました。。

今年の始め頃まで、ディパバリは10月28日で、
幼稚園の予定表でも28日がお休みでした。。
ところが、いつの間にか27日に変っていて、それを知ったのは
9月に入ってから。。。
しかもその時には、すでに「オズの魔法使い」のチケットを
Early Bird で購入してしまっていました。。
(アーリー・バードとは早割りのこと)
なので幼稚園をお休みしての観劇となりました。。
場所は、ナショナル・ライブラリー3階、ドラマセンター。。
e0121993_21282437.jpg
チラシには、映画の「オズの魔法使い」のことが書いてあったので
映像と実写の組み合わせなのかな・・と思っていたら
純粋に映画に忠実な内容のミュージカル劇でした。。
小学校の団体が沢山いて大盛況!
大人が見ても充分楽しめる内容でした。。

娘にはちょっと難しかったようですが、
今日の日記に「オズのまほうつかいをさがしにいくところがおもしろかたです。」
という感想を書いていました(笑)
小学校になって本を読めるようになった時に、今日の事を少しでも
思い出してくれたら、ママはとても嬉しいです。。

帰りは、チャイナタウンに出て、久しぶりに「天天」のチキンライスを食べました。
本当にここのスープは美味しいです。
娘はご飯をスープに浸しながら食べていました。
お食後に
e0121993_2136521.jpg
揚げバナナを食べて、タンジョンパガーの駅まで歩きました。
途中で、街中の広場で催しているチャイニーズオペラを見かけました。。
e0121993_21592546.jpg
役者さんたち、暑いでしょうに。。

さて、駅について、ふと地図を見ると、
「Vanda Miss Joaquim Park」の文字を
見つけました。
Vanda Miss Joaquim とは、
先日、アルメニアン教会の記事で紹介した、シンガポールの国花になった
蘭の花を自宅の庭で発見したアルメニア人の女性の名前です。
駅からさほど遠くもなかったので、娘と行ってみました。。
e0121993_21503594.jpg

e0121993_2151876.jpg

e0121993_2151295.jpg
蘭の咲き乱れる公園を想像していたら、
全然違っていて、HDB に囲まれた寂れた公園でした。。
e0121993_21523024.jpg
ミス・ヨアキムは、1800年末頃までこの辺りに滞在していたようです。
お隣も公園でした。
e0121993_21571937.jpg

建物に沿った小道
といった感じの公園です。

e0121993_2221770.jpg

ドロシーのように
ちょっと冒険した一日でした。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-28 21:37 | 舞台
27日はディパバリで公休。
娘の幼稚園もお休みになります。
今年は、ハリラヤのライトアップを見逃したので、
ディパバリのライトアップを見たいと思っていました。。
ディパバリは、光の祭典でヒンドゥー教では新年を迎える
大切なイベントです。
ディパバリの昨年の記事はこちら

娘の絵画教室が終ってから暗くなるまで、
ハーバーフロントの先にあるラブラドール公園に行って時間をつぶし、
そして、夜のリトルインディアにちらりと足を運びました。。
ハーバーフロントから、紫のMRTに乗って、
リトルインディアまで10分足らずです。

さて、ラブラドール公園は一度足を運んでみたかった公園です。
「地下の秘密トンネル」というのが気になっていました。
実は、これはイギリス軍の地下要塞で、戦争の爪跡の一つなのです。

ラブラドール公園までは
ハーバーフロントのバスインターチェンジから408番のloopバスに乗ります。
(土日、祝日11時からの運行。普段の日はタクシーでしょうか・・・)
e0121993_557298.jpg
10分足らずで到着。。
e0121993_559506.jpg

e0121993_611293.jpg
地図を見ると広そうに思うのですが、思った程大きな公園ではありません。。
山側と海側と両方楽しめる公園になっています。。
e0121993_635952.jpg
本の形の記念碑ですね。。ここも戦場でした。。
e0121993_644028.jpg

向かって右手に
jetty が見えます。

e0121993_65276.jpg
木道をくねくねと下りていくと、海辺にでます。。
e0121993_655997.jpg

e0121993_665139.jpg
遊具のある広場を発見。娘は大喜び!!
e0121993_674664.jpg
木の杭が沢山ささっていますが、ラビリンスのようです。。
e0121993_684028.jpg

e0121993_692733.jpg
右手側に少し見えるのがセントーサ??
奥に豪華客船が見えますが、丁度「Star Vargo号」が出航したようでした。
e0121993_6132479.jpg

e0121993_614288.jpg

手を振る人が
見えますね。。
昔祖父のお見送りをした事を
思い出します。。

e0121993_6162368.jpg

e0121993_6165152.jpg

Dragon Teeth Gate
竜の歯の門
確かに歯のよう。。
ここまでが、ラブラドール公園のようです。

先にも公園が繋がっていました。。。
e0121993_6211099.jpg
どうやら別の公園のようです。。
e0121993_6213147.jpg
あの奥に見える家が気になりました。。
釣り糸を垂れている人が見えますが、
釣りをする人で賑わう公園のようです。。

さて、山側を引き返します。。
e0121993_6224977.jpg
ちょっと素敵な雰囲気だったので、記念写真。
このまま進むと大砲が見れたのかもしれませんが、
道が寂しそうだったので、暫く海側を歩きました。。
e0121993_624170.jpg
案内板に従って、途中で急な階段を上りました・・・
e0121993_6243748.jpg
ここで銃弾を構えていたのでしょうか。。。
そして、地下の秘密トンネルに出ました。。
e0121993_6254720.jpg

e0121993_6264469.jpge0121993_6271559.jpg

e0121993_629464.jpg
中はエアコンが効きすぎなほど、ひんやりとしていて
当時のまま、爆弾によって壊されたところはそのままに
残されていました。。
トンネルに入る前にビデオを見せてくれるのですが、
このビデオの説明がとてもわかり易かったです。
イギリスがシンガポールを植民地にしてから、いかに防衛に心を配っていたか、
そして第二次大戦が始まる経緯、日本がシンガポールを侵略するまでの経緯を
端的に説明していました。
日本語の字幕が付きます。。

Villageから再び408番に乗って
ハーバーフロントに戻り、腹ごしらえをしてから、
ディパバリのライトアップを見にいきました。。
e0121993_6391339.jpg

予想はしていたのですが、
大変は人、人、人。。

e0121993_640759.jpge0121993_6402295.jpg

e0121993_6473415.jpg

去年の方が
豪華だったかも。

e0121993_6404777.jpg

e0121993_6411460.jpg

e0121993_6413312.jpg
娘のリクエストで、ヘナタトゥーをしました。
e0121993_642264.jpg
とても上手に描いてくれました。
片手で5㌦。娘だけのつもりだったのですが、
10㌦札でお釣りがない!と言われて、私もやってもらうことに。。
e0121993_6435149.jpg
普段は、リトルインティアの混雑した雰囲気が好きなのですが、
今日はちょっと多すぎ。。
人酔いしそうなほどの混雑だったので
すぐに帰路につきました。
帰りの電車の中で、娘は描いてもらった右手を大事にしていました。。
e0121993_11562929.jpg
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-27 06:02 | 公共施設

Happy Halloween

コンドミニアムでハロウィンの催しがありました。
今年は、去年よりも沢山のお友達がいて、とっても盛り上がりました。
昨年同様、サッカー選手のお兄さんたちも参加してくださいました。

娘は朝からハロウィンの衣装を着て、張り切っていました。
スタートはpm8:00 なのに。。です。。
待ちきれなくて、15分前には集合場所にいきました。
e0121993_027481.jpg

行く前に記念撮影。
やる気満々!

e0121993_029338.jpg
みんな思い思いの服装をして可愛かったです。。
e0121993_0295997.jpg
娘はこの3人グループとお友達のママの付き添いで
「Trick or Treat!」と出かけて行きました。。
私は自宅に戻って、子供たちがやってくるのを待ちました。。
特に脅かすわけでもないのですが、何だかワクワクしました。。
e0121993_0362588.jpg

お兄さんたち、
今年も
怖かったようです。。

お菓子を配り終わって下に行くと、
娘は袋にお菓子を一杯にして戻ってきました。。
「怖くて泣いちゃったお友達もいたけれど、〇ちゃんは泣かなかった~」
と元気に言っていました。
そして。。。
e0121993_039562.jpg

お化けと一緒に
記念撮影!

e0121993_930626.jpg
サッカー選手の皆さんには
練習でお疲れのところを、本当に有難うございました、と感謝の気持ちで
一杯です。
若いお兄さんたちと一緒にハロウィンが出来て、子供たちも大喜びでした。。
e0121993_0471895.jpg
大収穫!!暫くおやつには不自由しないことでしょう。。

ところで・・・
サッカー選手、みなさん背が高くて格好よくて・・・
そして、みんな同じ顔に見えてしまいました・・(苦笑)
昔、母が男性アイドルの顔の見分けがつかないわ・・と言っていたのを
思い出します。
あの頃は、「何で??」と不思議だったのですが、
現在の私にも同じ現象が・・・。
これは一種の老化現象なのでしょうか。。。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-26 00:41 | イベント

富の噴水

シンガポールの旅行ガイドには必ず載っている「富の噴水」は、
サンテック・シティモールにあります。
e0121993_18291240.jpg
地上側はこんな感じ。
この日は水が出ていませんでしたが、水が内側に噴射している日もあります。
この下に、小さな噴水があります。。
e0121993_1831751.jpg

e0121993_18312894.jpg
右手で噴水を触りながら
三周回ると、願いが叶うのだとか。。
e0121993_1848926.jpg

e0121993_18325420.jpg
主人に抱っこされていた娘は
何故か珍しく泣き叫び、恐らく願い事どころではなかったのではないかと。。

私も回りました。。
勿論願いごとをしました。。

ところで、中国では、幸福=お金持ち という図式が普通なのだそうです。
奥ゆかしい(?)文化のある日本では、露骨にそうとは言わないですよね。。
確かに、お金持ちの基準も人によって違うだろうし、
お金があってもあまり幸せだと思わない人もいるかと思います。。

でも、この幸福=お金持ち という考え方は
移民してきた人々が慣れない土地で頑張ることが出来た
原動力だったのかもしれません。

それにしても、ここはとても混んでいました。
中国系とインド系の方が多かったような気がします。。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-25 18:41 | 観光

西の魔女が死んだ

10月31日はハロウィン。
今年も、コンドミニアムではママ達がハロウィンを企画しました。
私もせっせと、お菓子を詰めました。。
e0121993_19123056.jpg

ハロウィンといえば、魔女の格好も可愛いのですが、
娘は宮崎駿監督の映画の中でも「魔女の宅急便」が一番好きです。
私もこのアニメは大好きで、最後デッキブラシで空を飛ぶシーンは、
いつ見ても「頑張れ!」と応援したくなるし、涙も出てきます。
着飾って綺麗なの女の子と地味な自分の姿を見比べて
気持ちが落ち込むシーンも共感してしまいます。
舞台衣装を作っている友達にお願いして、
以前、娘用にKIKIのドレスを作ってもらいました。
赤いリボンのヘアバンドも作ってくれました。。
おもちゃのデッキブラシを持って、三鷹のジブリの森に行ったのは
懐かしい思い出です。
スタッフを始め、みんなに「KIKIだ!!」と言われて
娘はとても嬉しそうでした。

さて、先日「西の魔女が死んだ」という少女小説を読みました。
私は存じ上げなかったのですが、
梨木香歩という方は、とても人気のある作家さんのようですね。
最近は本もあまり読まなくなってしまったので。。
日本では夏に映画化されたのだそうです。
実妹に教えてもらいました。。
本当に最後の3ページがとても良かったです。
内容は、ここでは書かないことにします。

高校3年生の頃、私は受験から逃げて日本の童話とかファンタジーばかりを
読んでいました。
安房直子、立原えりか、瀬尾七重、柏木葉子。。
古いところでは、小川未明が好きでした。
今回「西の魔女が死んだ」を手に取ったとき
表紙の絵が早川司寿乃さんだったので、とても嬉しかったです。。
青山にあるギャラリーmaya で催された早川さんの展覧会には
何度も足を運んで、ご本人ともお話したことがあります。
こざっぱりなさった感じの良い方でした。
林静一さんがお好きだと、その頃おっしゃっていたのですが、
私も林静一さんのイラストが好きでした。。
河童がお好きで、河童のイラストを沢山集めてらしたかと思います。。

あとがきは、早川さんがお書きになっていました。。
彼女らしい視点で解説なさっていて興味深く読みました。

魔女になる修練として、自分で物事を決めてプランをたて
それを実行する。。という事が書いてありました。
それは、人が生きていくうえで基本的なことなのですが、
実践するのは難しいことです。
色々な誘惑があるし、流されてしまうことも多いです。。
怠け者の私など、3日と続けられない。。
でも、努力していくと、物事を自分の良い方向に転換できるという事を
併録されている「渡りの一日」で知ることが出来ます。

人生は、自分で切り開いていくものなのですよね。。
e0121993_1944179.jpg
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-24 18:55 | 休題

Baba House

157 Neil Road にある Baba House。
ババとは、プラナカンの男性のことを指します。
女性はノニャ。
1928年に建てられたこちらの家は、Tun Tan Cheng Lock の娘
Agnes Tanによって寄贈され、現在はシンガポール大学美術館が管轄する
シンガポールで唯一のヘリテージハウスなのだそうです。。
e0121993_22462334.jpg
e0121993_22485711.jpg

暫く改装していたのですが、
今年の9月に
再オープンしました。

e0121993_2362573.jpg

e0121993_2364456.jpg

中は撮影禁止。
中を見るためには、予約する必要があります。
1時間のガイドツアーが付きます。。

写真がないので、説明しにくいのですが、
以前伺った、プラナカンハウスよりも古い状態で保管されていました。
居間の部分も吹き抜け状態でしたし、2階の床には覗き穴も残っていました。
外に出られないノニャたちが、来客が来たときに確認したと言われる穴です。。
2階には婚礼用のベッドも置いてありました。
細かい刺繍、ビーズ刺繍の施された布が掛かっていて
天蓋からは、豪華な飾りもぶら下がっていました。
中国なら赤金とするところを、プラナカンの人たちは
目の覚めるようなブルーを指し色で持ってきます。
そこら辺が、彼ら独特の文化の表れなのかもしれません。。

3階部分には、ちょっと驚きました。。
なんと、コンテンポラリーアートの展示室になっているのです!!
ちょっと不釣合いな雰囲気だったかと思います。。
(学芸員さんが、吃驚しないでね・・と前置きしていたくらいなので・・・)

改装前は幽霊屋敷と言われていたようなのですが、
すっかり綺麗に生まれ変わりました。。

入館料10㌦。
1時間のガイドツアーがつきます。
(日本語ガイドもあります。詳細は直接お尋ねください)
babahouse@nus.edu.sg

この辺りは、綺麗なショップハウスが並んでいるので
散策するのが楽しいです。
e0121993_238379.jpg

Baba House
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-23 23:03 | 美術館・博物館

夜のビエンナーレ

夜のサウスビーチのビエンナーレ会場に行ってきました。。
娘とお月様の写真を撮りたくて。。
e0121993_2212583.jpg

e0121993_22134798.jpg
夜の撮影は、やはり難しいです。。娘もよく頑張りました!
お月様を触っているように撮れたでしょうか。。。
e0121993_1505445.jpg

昼間はこんな感じ。

さて、この日は雨模様だったのですが、
石鹸広場で、なんと石鹸おじさんにお目に掛かれました!
毎日夕方6時から8時までこちらに来て、晴れの日には
顔を洗うというパフォーマンスをしているのだそうです。
e0121993_22171084.jpg

e0121993_22175117.jpg
小雨のぱらつく中、頼んだら
少しだけ体を洗ってくれました。。
e0121993_22185221.jpg
Mr. Michael Lee (58才)チョンバル駅近くのワンタンミーのお店で
働いている方なのだそうです。。
石鹸はだいぶ小さくなっていました。。。
e0121993_2232517.jpg

「感情のある会話」も夜は更に綺麗です。
e0121993_2231941.jpg
チカチカ光っていて両方同時に赤く撮影するのが意外に大変なのですが、
タイミングよく撮ることが出来ました。。

夜のビエンナーレもお薦めです。。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-22 22:10 | ビエンナーレ
シンガポール美術館の2階部分にレトロな写真と共に
直筆の手紙などが展示されている小さなコーナーがあります。
写真の女性がとても美しいので眼を惹くのですが
彼女の名前はgeorgette chen(ジョジェット・チェン)。
シンガポールで唯一女性のパイオニア・アーティストといわれている人です。
e0121993_194211.jpg

e0121993_1145918.jpg

e0121993_1153868.jpg

娘がいつもの子供コーナーで遊んでいる間
そこに置いてあったアルバムを開くとジョジェッタ・チェンのことが
記されていました。
e0121993_118718.jpg
外はスコールで、雨宿り中。。
e0121993_1191575.jpg

e0121993_1193998.jpg
georgette chen (ジョジェット・チェン) / 1906~1993 / 中国生まれ。
裕福な家庭に生まれて、上海でロシア人から芸術教育を受ける。
1926年からニューヨーク、パリで絵画を学び、展覧会を開く。
1930年に外交官であったユージンチェンと結婚し中国に戻るが、
第二次大戦中、夫は死亡。
1950年~53年、マレーシアペナンの高校で教鞭をとる。
1954年にシンガポールへ。
上海語、仏語、英語、北京語、マレー語、アモイ語などができたので
通訳の仕事もしながら、27年間NAFA(シンガポールの芸術大学)で教える。

所謂、才色兼備だったのですね。。。
実は、彼女の作品をじっくりと見たことがありません。
かつて、ジュロンにある絵画保管庫のような所で
ちらりと見たことはありました。
初期の作品は、バルビゾン派の影響があると言われていて
後期の作品はフォービズムの特にモーリス・ヴラマンクとの共通点を
示唆されます。
e0121993_1561511.jpg

e0121993_1565035.jpg

e0121993_1584183.jpg

e0121993_214675.jpg

e0121993_8504949.jpg

e0121993_852066.jpg
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-10-21 01:22 | 美術館・博物館