シンガポール生活あれこれ


by mapleleaf1217
カレンダー

<   2008年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

黒い雲

この1週間あまり、とても忙しくてブログも放置したままでした。
1列空白なのも気になるので、また遡って少し書き込むかもしれません。

忙しくしていて、心も身体も疲れてくると
悪魔のような囁きが聞こえてきたりして。
先日夕方、空を見上げるとこんな雲がありました。。。
e0121993_5352086.jpg
黒い雲
暫く見ていると、不思議と一つずつ、しゅるしゅると空に消えていきました。。
人の心に思い浮かぶ感情も
こんなものなのかもしれないと思ったりした夕べでした。。。

暫くぶりですが、またシンガポール生活の様子を
お伝えしていきます。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-30 05:39 | 休題

美人三姉妹のお店

クラークキーにある、「蔵の中」は
美人三姉妹が経営するという、日本人にはとても有名なお店です。
噂には聞いていたのですが、先日食べに行く機会がありました。
明治屋の入っている、リャンコートの近くにあります。
行く途中で、
e0121993_5501879.jpg
牛のオブジェを見かけました。
これはサプライズ企画で、ある日の夜にこっそりシンガポール中に
このようなオブジェが置かれるのだとか。
朝起きて、皆が吃驚するためだけの企画なのだそうです。

さて、「蔵の中」
e0121993_55376.jpg

e0121993_5533993.jpg
入り口から店内まで、日本を意識していますね。
e0121993_5551862.jpg
お結びにはハート型の海苔がついていました。
e0121993_5562989.jpg
私はランチで定番の「蔵の中膳」をいただきました。
野菜炒めが日本の味。サバの味噌にも甘辛くて美味しかったです。
e0121993_558102.jpg
デザートにケーキがつきます。
税・サービス料込みで23㌦40㌣でした。

夜は日本酒がいただけるようです。
久保田の万寿などが飾ってありました。。。

久保田の和紙のラベルを見ると、以前新潟の紙漉きさんが話していた事を
思い出します。
正直、何で紙漉きなんかやっているのだろう・・・と思うほど、
和紙の需要が減ってしまっているのですが、
それでも、着物の反物につける小さなタグなどはいまだに和紙で、
その受注がある限りは、和紙を漉きたい、と話されていました。
(そのタグは、簡単に捨てられてしまうものなのに、、、です)
そんな自分達の様子を、久保田の社長さんが見て
是非、自分のところのお酒のラベルを和紙にしたいので漉いて欲しい・・・と
頼まれたのだとか。
とても有難い注文なんです、とおっしゃっていました。
紙を漉く作業は、過酷でとても手間が掛かるのに、
1枚あたりの単価が低いので、
本当にどうして自分は紙を漉いているのだろう。。。と思うこともあるのだそうです。
それでも多くの紙漉きさんたちは、他の仕事のかたわら、需要があるなら、と
紙を漉いています。
久保田に和紙のラベルが張ってあるのを見かけると、
これはあの紙漉きさんの作品なのだな。。。としみじみと見ずにはいられません。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-29 06:09 | 食べ物
プラナカンの結婚式は、名古屋のお嫁入りよりも派手かもしれません(笑)
オープンハウスの催しで、ウェディング行列の再現があったので
見学しました。
e0121993_772138.jpg

e0121993_78624.jpg

e0121993_734691.jpg

e0121993_79062.jpg
向かって左側の女性が花嫁の右腕をとって、左右に揺らしながら
歩いていました。花魁道中のような独特な歩き方です。
e0121993_715419.jpg

e0121993_7163637.jpg
衣装がとても豪華です。
プラナカンでは、結婚式は重要な儀式でした。
e0121993_7204129.jpg
プラナカンのお芝居には女形がいます。
この方は多分その役者さんかと思います。
e0121993_7221063.jpg
サロン(バティックスカート)
クバヤ(丈の短い、ボイルやオーガンジーで出来た上着)を着用した、おば様方。
とても美しい衣装をお召しですが、貫禄がありますね。。。
e0121993_724531.jpg
小物も凝っています。ビーズのバッグにサンダル。

最後に娘も一緒に。。。
花嫁さんはにっこり笑顔のカメラ目線なのですが、
あまりの混雑さに、娘はとても不機嫌でした(苦笑)
e0121993_726485.jpg
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-28 07:06 | 美術館・博物館

プラナカンミュージアム

アルメニアストリートに新しく「プラナカンミュージアム」がオープンしました。
26日、27日はオープンデイで、入館料が無料。大変な賑わいでした。
e0121993_6125042.jpg

e0121993_6142939.jpg
入り口で30分近く並びました!
e0121993_616883.jpg
写真の肖像画はしゃべります!?ディズニーランドのホーンテッドマンションで
見たことあるような展示です。
e0121993_618581.jpg
お嫁入り道具。
e0121993_6185644.jpg
プラナカンのカラフルな食器。
e0121993_6202757.jpg

e0121993_6241818.jpg
美しいビーズワーク。
先日の切手のデザインになった小さなバッグの展示もありました。
e0121993_6275471.jpg

一階のお部屋では、ビーズワークのデモンストレーションをしていて・・・
e0121993_630256.jpg

e0121993_6304754.jpg
これは、スリッパの甲の部分を作っているのです。
e0121993_6353481.jpg
仕上がると、こんな感じになります。
e0121993_6372740.jpg
1階から3階まで展示室がありますが、1部屋1部屋は小さいです。
誕生から始まって、日常生活の様子、結婚式、お葬式・・・と
テーマ事に展示されています。

「プラナカン」というのは、一つのカルチャーで、
一言で説明するのは大変難しいのですが、
彼らが作り上げた極彩色の世界を楽しめる美術館になっているかと思います。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-27 06:06 | 美術館・博物館
MRTノベナ駅の駅ビル、ノベナスクウェアの2階に
美味しいお店があるというので、行って来ました。
「老北京食堂」
餃子が美味しいのだそうです。
e0121993_102551.jpg

e0121993_1024490.jpg
結構賑わっています・・・。
e0121993_1041680.jpg
ザーサイが美味しい!
e0121993_1051467.jpg

e0121993_106228.jpg
美味しい♪餃子好きです。。。沢山食べられます!

ノベナの他にも、プラザシンガプーラ、チョンバルプラザの中にもお店があるようです。
シンガポーリアンで賑わっていました。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-20 09:59 | 食べ物

コンドミニアム

今日、お邪魔したお宅があんまり素敵だったので
節操もなく、写真を撮らせていただきました・・・・。
シンガポールには、こんなコンドミニアムがあるのです。
勿論、お掃除は通いのお手伝いさんがなさるようですが・・・。
e0121993_1122357.jpg

e0121993_1134585.jpg

e0121993_1144390.jpg
ベランダでお茶がいただけます。
e0121993_1154948.jpg

客室。
e0121993_1165195.jpg
マスターベッドルーム。こういうベッドは、ホテルでしか見たことがありませんでした・・・。
e0121993_1175994.jpg

美術洋書が、さりげなくテーブルに積まれていたり、
アジアンテイストで、エキゾチックな素敵なお宅でした。。。

我が家はこちらの半分以下の広さですが、それでも掃除が大変です。
床が大理石なので、ワックスをかけなくてはならないのです。
週1度と決めて、2時間かけて掃除しています。

娘が生まれて間もない頃まで
昭和の匂い漂う、洗濯機がベランダにある!という2DKの社宅に住んでいたのですが、
本当に、あそこは良かった。。。。。
毎日拭き掃除が出来ました。。
時々懐かしく思い出されます・・・・。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-18 10:59 | 休題

ホーカーの点心

家の近くのホーカーの点心が美味しい、と聞いたので
お昼に食べにいきました。
e0121993_15294852.jpg

e0121993_1531834.jpg

店先に蒸篭が並んでいて
蓋を開けて中身を身ながら
選びます。
1つに2~3個入っていました。
1つ1㌦50㌣です。

e0121993_15334922.jpg

e0121993_15354351.jpg

e0121993_15362720.jpg


大人3名子供1名で、1人6㌦30㌣(500円弱)で、お腹一杯になりました。。
中に大きめの海老も入っているし、とてもお得です。
ここの点心屋さんは、チャーシューマンも美味しいのだとか。
回りの皮も手作りなのです。

帰りに、こんなものを見かけました。
e0121993_1545976.jpg
新しくオープンしたお店の前に飾られるのだとか・・・・。
ホーカーも時々お店の入れ替わりがあります。
どのお店が変わったのでしょうか・・・。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-17 15:39 | 食べ物
Popiah(ポピアという場合もありますが、ポーピアと言う方が良さそうです)は、
生春巻きのような食べ物。
e0121993_14503712.jpg

プラナカンでは、「Popiah Party」というのがあって、
これは、所謂「お見合いパーティー」なのですが、
お年頃の女性が、皆の前で、このポーピアを上手に包んで
4つに切って、振舞うのだそうです。
その際、包み方は勿論の事、切った時にその中身の具材が飛び出さないこと、
また、食す時にも中身が出ないように、上手にいただく事が条件なのだとか。。。
ビーズの刺繍などは、こっそり誰か上手な人にやってもらっても
出来上がった作品を見せるだけなので、バレませんが、
さすがに、皆の前でお披露目するわけですから、
相当な習練(!)を積んだに違いありません。

このポーピアは、プラナカン独特のお料理というわけではなくて、
台湾、台北の辺りでも見かける食べ物なのだそうです。
(もとを辿れば、福建省辺りがルーツなのでは・・という説もあります)
以前、テレビの企画で、シンガポールと台湾のポーピア包み対決があって、
シンガポールの方が包み方、速さ共にダントツだったのだとか。
e0121993_1452185.jpg

その場で、具材を入れて包みます。
左右を内側に折り込んで、手前からくるり、と巻き込んでいきます。
中身の具材は、
切干大根の煮付けのようなもの、もやし、ゆで卵を刻んだもの、
高野豆腐のようなものを揚げて、粉々にしたものなどなど
様々なようです。
ラッフルズプレイスのホーカーでいただいて、とても美味しかったので、
家の近くのホーカーでも探して食べてみたのですが、
ラッフルズプレイスのが断然、美味しかったです。
(家の近くのには、刻んだピーナッツが入っていて、それが邪魔でした・・・)
チリありとチリなしで選べます。

1個1㌦20㌣。
1ついただくと、結構お腹にたまります。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-16 14:29 | 食べ物
アジア文明博物館のfamily Day。
毎月第二日曜日の、13:00 ~16:00 の間、行われています。
毎月、テーマが決められていて、今月はタイの「水掛け祭り」でした。
今月は参加できなかったのですが、
先月のをまだ載せていなかったので、遡って紹介したいと思います。
e0121993_11212739.jpg

先月のテーマは
何だったでしょうか・・・・。

e0121993_11215548.jpg

珍しく
風船を配って
いました。

e0121993_1123563.jpg

何かを
擂り潰す道具があって
娘は、喜んで
やっていました。

e0121993_11252521.jpg

それに関連してか
砂絵のクラフト。
お花の絵に糊を付けて、
色のついた砂で
塗っていきます。

e0121993_11271856.jpg

e0121993_11274627.jpg

右は娘の作品。
左は、私が作りました(笑)
親の方が夢中になる作業でした。

娘は、砂絵にすぐに飽きてしまって
e0121993_1129956.jpg

大きなパズルを始めました。。

e0121993_11295578.jpg

模様合わせが
難しい・・・。

e0121993_11303335.jpg

出来上がり!


ボランティアらしき、学生風情の人たちが、
よく面倒みてくれて、子供たちも楽しそうです。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-15 11:07 | 美術館・博物館
e0121993_167753.jpg
種田 山頭火 は、明治、大正、昭和初期を生きた俳人。
お酒で身を持ち崩し、自殺未遂をしたところを、寺の住職に助けられて
得度し、雲水姿で放浪の旅をしていた、という
まさにアウトサイダー的な生き方を選んだ人でした。。。
でも、彼の句は一度読むと、決して忘れられない響きがあって、
人の心を掴みます。
上記の句。
さて、どちらへ行こう 風が吹く

咳をしても ひとり

まっすぐな道でさみしい


ひとりきりの、気ままな孤高の人生を自ら選んだはずなのに、
時々、凄い孤独感にかられたのでしょうか。
人は、例え大勢の人に囲まれていても、孤独感を感じるものです。
そんな人間の寂しさを、短い言葉で、スッと表現してしまっています。

で、別に山頭火の事を書く訳ではなくて、
今日は、らーめん屋さんの話。
「山頭火」は、先日クラーク・キーのセントラルに出来た
らーめん屋さんの名前であります。
主人も私も、ラーメン好き。
娘もやっぱり好きです。
シンガポールでも最近ラーメンが人気のようです。
e0121993_16212262.jpg

e0121993_16214563.jpg

結構人気。。

e0121993_16221414.jpg

カウンター席に座ると
良い感じで
シンガポールリバーが
見下ろせます。。。

麺は細め、とんこつ味がベースになっていて、
コクがあって美味しかったです。
お店自慢のチャーシューも絶品。
娘も「美味しい~」とよく食べていました。

他にも
e0121993_17594113.jpg
ロバートソンキー、リバー沿いにある「一番亭」。
坦々麺が得意のようです。太めの麺で、辛くて美味しかったです。
e0121993_18372098.jpg
つけ麺もあって、娘はそちらを注文。

近くのロバートソンウォークには、「麺屋 しんちゃん」があります。
魚の出汁がベースのラーメン。
フリーペーパーによく広告が載っています。

UEスクエアの少し先には「美春」。
実は、ここがシンガポールでは、一番のお気に入りです。
太麺で、しっかりした味の魚の出汁のスープが、
とても美味しいです。

お値段は、どちらも似たり寄ったり。
3人で40㌦弱位です。
リバー沿いに集中していますね。。
他にもあるのかとは思うのですが・・・・。

今度は、
さて、どちらに行こう・・・・

「山頭火」
6EU Tong Sen Street
#02-76 The CENTRAL
Singapore 059817
6244-0668
11:00~21:45

「一番亭」
60 ROBERTSON QUAY,#01-13
6733-3923
11:30~23:00

「麺屋 しんちゃん」
30Robertson Quay
#01-05 Riverside View
Singapore 238251
6732-0114
11:30~3:00
18:30~22:00

「美春」
1 Nanson Road
Gallery Hotel
singapore 238909
6733-8464
12:00~15:00
18:00~22:00

さてさて・・・
日本では、恵比寿の「九十九ラーメン」が一番。
実家から近い事もありますが、
あそこの「まるきゅうラーメン」(チーズがトッピングしてあるラーメン)は、
時々無性に食べたくなります。
かなりのカロリーオーバーではあるのですが・・・。
「イクラ小鉢丼」は、娘のお気に入りで
イクラがたっぷり載っているのに、お手ごろ価格。
どちらもお勧めメニューです。

九十九ラーメン
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-04-14 16:07 | 食べ物