シンガポール生活あれこれ


by mapleleaf1217
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ちりとてちん

今日の朝、テレビをつけっぱなしにしていたら(NHK)、
3月末に終了した「ちりとてちん」の総集編をやっていました。
シンガポールでは、「ちりとてちん」がお気に入りだった人が
多かったような気がします。私も、毎日欠かさず観ていました。
何といっても、草若師匠役の渡瀬恒彦が素敵でした。

♪野辺へ出てまいりますと、
 空にはヒバリがピイチクパアチクとさえずっていようか、
 野には陽炎が燃えていようかという。
 遠山に霞みがたなびいて、レンゲ・タンポポの花盛り。
 麦がこう青々と伸びた中を菜種の花が彩っていようという本陽気。
 その中をやかましゅ~言うてやって来ました、その道中の陽気なこと……♪

娘も時々「・・・野辺へ出てまいりますと、レンゲ・タンポポの花盛り・・・」と
真似して言っていました(笑)
滑らかな日本語の心地よい響き。
日本語って良いな・・・と思う瞬間です。

私の叔父は講談好きで、ある一派の谷町をしていました。
月に一度、会場を貸しきって、講談の会を催していたので
20代の頃、私も度々足を運びました。
講談を聴くと、落語も聴きたくなるので
落語もよく聴きに行きました。さらには、浪曲まで・・・。
とても地味な20代を過ごしたかと思います。。。
講談聴くと、ためになる。落語を聴くと駄目になる。
と、講釈師は言うのですが、
落語も講談も、色々な事を教えてくれました。
講談では、ある女性の講釈師が好きでした。
喜代美ちゃんではありませんが、創作講談をしていて
それが、当時の私にはとても共感できる内容だったので、応援していたのですが、
やがて結婚して、子育ての為にお休みしてしまいました。
今は、復帰なさったのでしょうか・・・。
「ちりとてちん」では、喜代美ちゃんは、やがて
身近な人の心配をして、毎日同じことをくり返しているお母さんのような生き方が
本当は、とても幸せな生き方なのだと思うようになります。
私もそうは思うのですが、でも
喜代美ちゃんにはいつかまた、高座に上って欲しいな・・と願ってしまいます。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2008-05-05 22:55 | 休題