シンガポール生活あれこれ


by mapleleaf1217
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

切な鳥

雨が降る前の、予兆があります。

空が暗くなるのは、勿論ですが、むっとした雨の匂いがしてきて、
鳥が鳴くのです。

シンガポールに来てから、よく聴く鳥の声は二種類。
「カカカカカカカ・・・・」と早口に啼く鳥と
「アーアーアー」と啼くごとに甲高い声を発する鳥と。

最初の鳥は、雨の前に啼く鳥です。
「あめ、あめ、あめ、あめ・・・」と
教えてくれているのでしょうか。
雨が止むと、また啼き始めます。
「やんだ、やんだ、やんだ・・・・」と
喜んでいるようです。

二番目の鳥も、雨の降る前に啼いています。
娘が、よく鳴き真似するのですが、
「アー、アー、アー」と、
啼くうちに、最後はとても切ない叫び声に変わるので、
「切な鳥」と呼ぶ事にしています。

残念ながら、鳥の姿を見たことがないのですが、
ふと
「チョンタルの詩」を思い出してしまいました。
メキシコ・インディオの古謡集で、
鳥たちは、「あーい」と啼いて
シャーマンのように生きているのです。

本を日本に置いてきてしまった事を
とても残念に思います。
[PR]
by mapleleaf1217 | 2007-10-26 16:19 | 休題